どうも、コピーライターの水川です。

 

今回は初めて開設したブログで、
どのように記事を書いていくのかについてお話ししたいと思います。

 

 

初めてブログを開設した時は、
やはりどのように記事を書いていけば良いのか、
どのような記事を書いていけば良いのか。

 

色々と迷うことや悩みなどあるでしょう。

 

また、書いては見たけどこれで本当に良いのか、
読んでもらえるかなど不安に思うこともあると思います。

 

今回はそんな悩みや不安を解消するための、
初めてのブログ、ブログ記事の書き方について、
絶対に意識したいことやおさえておきたいポイント、
具体的な書き方について1から解説したいと思います。

 

ブログ記事を書く時、絶対に意識しなければならないこと

 

ポイントや具体的な方法をお話しする前に、
ブログ記事を書く時に絶対に意識しなければならないことについて、
はじめにお話ししておきます。

 

ただ、正直これをお話しすると記事を書こうというモチベーションを、
大なり小なり下げることになると思います。

 

ですが、これを意識して書いた記事とそうでない記事では、
アクセスの集まりや読まれるかどうかに圧倒的な差がつくので、
絶対に意識しておいてほしいです。

 

では何を意識するのか。

 

それは、ブログは読まれないし、理解されないということです

 

基本的にブログというのは読まれるものではないし、
ましてや内容を理解されることなどなおないということ。

 

この前提を意識して記事を書かないと、
高確率でアクセスも集まらなければ、
読まれることもない記事とブログができてしまします。

 

 

ではなぜ、読まれも理解されもしないのか。

 

自分に置き換えて考えてみてほしいのですが、
例えばあなたがネットサーフィンとかをしている時、
偶然たどり着いたブログがあるとします。

 

今まで見たこともないブログで、
ブログ運営者の知り合いというわけでも当然ありません。

 

そんなブログを、あなたは積極的に読もうと思うでしょうか?

 

ブログ内をきちんと巡回して、1記事1記事丁寧に読んで、
内容を最大限理解しようとする努力をするでしょうか?

 

おそらくしませんよね。

 

よっぽど興味を引いたり自分に役立つだろうとでも思わない限り、
流し読みする程度でブログを閉じると思います。

 

そしてこれはあなただけでなく、他のあらゆる人も同じです。

 

基本的にブログとは流し読みされる程度のものであり、
きちんと読んでもらうのが難しいものなのです

 

 

なのでブログ記事を読んでもらうこと、読んで内容を理解してもらうこと。

 

これを相手、ブログ読者に期待するのは間違いなのです。

 

ブログを読んでもらえるように、内容を理解してもらえるように、
あなた自身がブログを書くときに最大限努力する

 

これが、ブログを書く時に絶対に意識してほしいことになります。

 

そして、今回お話しするブログを書くポイントや方法は全て、
相手にまず読んでもらい、その内容を理解してもらうために必要なものなのです。

 

このことは覚えておいてほしいと思います。

 

ブログ記事を書く時におさえておきたい3つのポイント

 

絶対に意識してほしいことをお話ししたところで、
ブログ記事を書く時におさえておきたい3つのポイントについてお話しします。

 

  1. 興味性
  2. 読みやすさ、わかりやすさ
  3. 誰か1人に向けて話すように書く

 

 

興味性

 

1つめのポイントは興味性。
相手の興味を引くような要素を意識することが重要です

 

というのも、先ほどお話ししましたがブログは基本的に読まれません。

 

そのため、自分の書きたいことを書くと、
高確率で相手に読んでもらえるような記事や内容にならないのです

 

なのでブログ記事は、自分が書きたいことを書くのではなく、
相手が読みたくなるものを書くことが必要になります。

 

 

ただ、もしかしたらこの考えに納得出来ないかもしれません。

 

「書きたいことを書きたくてブログを作ったのに、
どうして相手のことだけを考えなくちゃいけないんだ!」

 

このように思う人もいるでしょうし、この考えは正しいです。

 

ブログを日記代わりに使う人もいますし、
書きたいことを書くためのブログというのも全然良いでしょう。

 

ですがもしそのブログにアクセスを集めて、
誰かにきちんと読んでもらいたい、内容を理解してもらいたいと思ったら、
書きたいことだけを書くのでは足りないのです。

 

書きたいことを書いたうえで、それを相手に読んでもらうためには、
興味を引くにはどのようにすれば良いのか。

 

これをきちんと意識することが重要になります。

 

 

以上が1つめのポイントです。

 

読みやすさとわかりやすさ

 

2つめのポイントは読みやすさとわかりやすさ。

 

そのブログ記事は読んでいて読みやすく、
わかりやすいかどうかということです

 

そしてここで重要なのは、読みやすいのとわかりやすいのは、
同じように思えるかもしれませんがまったく違うということ。

 

 

まず、読みやすいとは読んでいてストレスを感じたり、
読むのにつまったりしないかどうかということで、
内容とは関係ない部分で意識するものになります

 

例えば行間がまったくない、文字がすごい小さい、
読むのに辞書が必要になりそうな難しい漢字のオンパレード、
読み直さないと意味を理解できない誤字脱字などなど。

 

こういった読むことそのものの障害となるものをなくすことで、
読みやすい文章が書けます。

 

ちなみに読みやすいの基準は、
流し読みをしてまったく止まらずに読めるぐらいが理想ですね。

 

 

次にわかりやすいですが、これは内容をさします。

 

そのブログの内容は読者にわかりやすいかどうかです

 

例えば1ヶ月で10キロ痩せるダイエット方法という記事を書いたとして、
それを読んだことで相手がその方法を理解できるかどうか。

 

内容をきちんと把握して実践できるところまで、
1度読んでなれるぐらいが理想です。

 

このように、とにかく読みやすさとわかりやすさ、
両方を満たすように意識しましょう。

 

これがきちんとできてないと、例え興味を引いて読む気にさせたとしても、
結局読まれずにブログを閉じられたりしてしまいます。

 

 

以上が2つめのポイントです。

 

誰か1人に向けて話すように書く

 

3つめのポイントは誰か1人に向けて話すように書くことです。

 

これについては結構有名というか、
よく言われるので聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

ブログ記事に限らず文章を書けないという人に対して、
アドバイスとしてよく使われるものです。

 

ですが、この言葉の意味について、
勘違いをしてしまう人が多くいます。

 

ただ一人に向けて話すように書くこととは、
誰かと会話するように書くことであると思ってしまうのです。

 

ですがこれは間違いで本当の意味は、
誰か一人と会話しているときのように、対面に相手がいることを想定する。

 

つまり、明確な相手を意識して"文章"を書くことです

 

そしてここで重要なのは、
明確な相手を意識することと、文章を書くということです。

 

 

まず明確な相手ですが、これはようはターゲット。

 

そのブログや記事は、誰に向けて書いているのかを、
まずは明確にしようということです

 

というのも、会話というのは目の前に相手がいるわけですから、
その人に向けた会話の内容を考えるのが普通でしょう。

 

ですが、ブログは基本的には1人で作るもので、
しかも記事などにコメントをもらったりしなければ、
〇〇PVとかUUなど、人が数字だけでしかわからないことが多い。

 

そのため、人に書くという意識が薄くなり、
誰に向けて書いているのか曖昧になり、
それが文章にも現れます。

 

機械的な感情のこもらない文章になったり、
読者にまったく配慮されてない文章になったりです。

 

またターゲットが曖昧だと、
何を書いて良いのかがわからなくなります。

 

何かを伝えたい相手もわからないのに、
何かを伝えるための記事、文章が書けるわけがありませんよね。

 

なのでブログ記事を書く時は、人と会話するときのように、
対面に相手がいるものとして書く。

 

つまり、ターゲットを明確にするのが大事なのです

 

 

ですが、ターゲットを意識しすぎることで、
今度は本当に会話するように書いてしまうことがあります。

 

ですが会話の時に使う言葉、これを話し言葉といいますが、
話し言葉は文章を書く時に使う言葉、書き言葉とはまったく違うのです

 

何が違うのかというと、会話は言葉以外でも相手に情報を伝えていますが、
書き言葉は文章のみでしか相手に情報を伝えられません

 

そのため、会話のように話し言葉で文章を書いてしまうと、
相手に伝えたいことを全て伝えられないのです。

 

なので、会話ではなくあくまでも文章を書くことを意識しましょう

 

 

以上が3つめのポイント、ターゲットを明確にし文章を書く。

 

誰か1人に向けて話すように書くということです。

 

ブログ記事の具体的な書き方

 

ここまでブログ記事を書く時に絶対に意識しておきたいことと、
3つのポイントについてお話ししてきました。

 

では、いよいよブログ記事の書き方、
具体的な方法についてお話しします。

 

 

書き方には決まった流れがあり、基本的にはその流れ通りに作ることで、
今までお話ししてきたポイントなどを押さえた記事を作れるのです。

 

その流れとは以下のとおりです。

 

  1. ターゲットを明確にする
  2. テーマを決める
  3. 伝えたいことを明確にする
  4. ブログ記事の基本構成に合わせて文章を書いていく
  5. 編集して仕上げる

 

 

ターゲットを明確にする

 

まず真っ先にしなければならないことは、
ターゲットを明確にすること。

 

つまり、誰に向けてブログ記事を書くのかです

 

 

先程もお話ししたように、ターゲットが明確になってないと、
文章が人を意識したものにならなかったり、
何を書いてよいのかわからなくなったりします。

 

なので、まずは誰に向けてこれからブログ記事を書くのかを、
明確に決めていきましょう。

 

決め方については先程もお話ししたように、
誰か1人と会話することを想定して決めると良いでしょう。

 

ちなみに、このような仮想の個人のことを、ペルソナと呼びます

 

ブログ記事を書く時はまずはペルソナを決めるのが重要です。

 

具体的なペルソナの決め方や、ターゲットの決め方については、
別記事で詳しく書いてますのでそちらを参考にしてください。

 

ターゲット、ペルソナの記事
↓↓↓

 

テーマを決める

 

ターゲットが決まったら次はテーマを決めます。
どのような記事を書いていくか、大まかな内容を決めるのです。

 

この時、意識してほしいことが2つあります。

 

1つは、1記事1テーマにすること。

 

もう1つは完全に人のために書くのか、
それとも自分の書きたいことに興味性をもたせるのかを、
はっきりさせることです。

 

 

1記事1テーマとは、その記事で伝えたい結論を1つにするということです

 

例えば1ヶ月で10キロ痩せる方法についてをテーマにするなら、
1ヶ月で10キロ痩せるにはこうすれば良いという結論のみを伝え、
それ以外のことについてはいっさい書かないようにします。

 

これは結構重要で、1記事にいくつもテーマを詰め込むと、
文章として1つにまとめるのが難しくなるからです。

 

またテーマが2つあるということは結論が2つあるということで、
その記事で何を伝えたいのかが曖昧になってきます。

 

曖昧になると受けて、読者も何が重要かわからなくなり、
伝えたいことが何1つ伝えられなかったということもおこりえるので、

1記事1テーマは徹底しましょう。

 

 

テーマを決めたら、次に相手のためにのみ記事を書くのか、
それとも記事自体は自分の主張を書くことにして、
それに興味を持ってもらえるようにするのか。

 

先程、興味性のポイントでもお話ししたように、
基本的に興味がないブログを人は読まないので、
必ずどちらにするのかは決めておきましょう。

 

伝えたいことを明確にする

 

ターゲットを決め、テーマも明確にしたら、
伝えたいこと、ブログ記事内容の詳細を決めていきましょう。

 

具体的な決め方についてですが、
ブログ記事を書く目的を明確にすることで、

伝えたいことを明確にすることができます

 

 

例えばモテるために痩せたいと考えている人に、
1ヶ月で10キロ痩せる方法というテーマで、
ブログ記事を書いていくとします。

 

この時、1ヶ月で10キロ痩せる方法を、
モテるために痩せたい人に向けて、
発信する目的を明確にするのです。

 

10キロ痩せる方法を理解しすぐにでも実践できるようになってもらう、
モテるための体を作れるようになってもらうなど。

 

ようは、テーマを伝えることでターゲット(ペルソナ)に、
どのようになってほしいのかを
明確にするということです

 

そうすることで、その目的を達成するには何を伝えればいいのかが明確になり、
記事内容を決めていくことができるでしょう。

 

 

ちなみに、もしターゲットもテーマも決めた状態で、
まったく内容が思いつかないという場合。

 

それはターゲットが明確になっていないか、
目的がはっきりしていないことが原因です。

 

ターゲットが詳細で、目的も明確になっていれば、
伝えるべき内容はいくらでも浮かんできます。

 

なのでこのような場合は、
まずはターゲットと目的を見直してみましょう。

 

ブログ記事の基本構成に合わせて文章を書いていく

 

ターゲット、テーマ、内容。
この3つが決まったらいよいよ文章を書いていきます。

 

まあ、書くと言われても、
どのように書いていけばいいのかなどの悩みはあるでしょう。

 

ですが、あまり難しく考えないでください。

 

ブログ記事は決まった構成のようなものがあって、
基本的にはその構成に沿って文章を書いていくだけです。

 

以下の画像を見てください。

 

ブログ記事構成
ブログ記事構成の画像

 

このようにブログ記事は、上から、

 

  1. タイトル
  2. 導入分
  3. 内容
  4. 要点まとめ

 

このような流れになっていて、
それぞれに右側にあるような役目があります。

 

では1つずつ、詳しく説明していきます。

 

タイトル

 

まずはタイトルです。
読んで字のごとくブログ記事のタイトルのことですね。

 

このブログ記事のタイトルは、ある意味内容よりも重要であり、
ここがきちんとしているかどうかで、読まれるかどうかが決まります。

 

 

ではタイトルの役目ですが、上の画像にもあるように興味性。

 

つまり、相手に興味を持ってもらうことであり、これが全てです

 

今回度々お話ししていますが、ブログ記事は興味がなければ読まれません。

 

なので、1番はじめに見るであろうタイトルで、
まずは相手の興味を引かなければならないのです。

 

ここで興味を引けなければ、内容を目にしてもらうことすらできないので、
しっかりと決めましょう。

 

では具体的な決め方ですが、まず文字数は30文字程度でまとめましょう。

 

そのうえで、意識したい2つのポイントがあります。

 

タイトルと内容が一致していることと、興味性です。

 

 

まず、タイトルはその記事の内容と一致している必要があります

 

タイトルをひと目見ただけで、
こういうことが書いてあるんだなとわかってもらうことが重要です。

 

次に興味性ですが、これについては色々とテクニックがあるのですが、
絶対に外していけないのがメリットを明確にすることです

 

つまり、この記事を読むことで相手にどのようなメリットがあるのか。
それを明確にわかるようにするのです。

 

例えば1ヶ月で10キロ痩せるダイエット方法というブログ記事なら、
ダイエットして痩せたい、短期的に痩せたいという人にとって、
知りたいことが書いてあるというメリットが明確ですよね。

 

他にも興味性をもたせるテクニックは色々あるのですが、
はじめのうちはとにかくメリットの明確化を意識し、
ブログ記事内容を30文字前後でまとめられるようにしましょう

 

導入文

 

次は導入文です。
導入文の役目はタイトルと同じ興味性がまずあります。

 

タイトルで相手の興味を引いて記事を開いてもらったら、
さらに内容を読み進めてもらえるように、導入文でメリットなどを説明するのです。

 

そしてもう1つ、ベネフィットと呼ばれるものを含めます。

 

ベネフィットとは相手がその記事のメリットを得ることで、
どのような理想の状態を得られるのかということです

 

 

例えば、モテるために痩せたい人に、
1ヶ月で10キロ痩せてモテる体を作る方法を得られるという、
メリットを提示したとします。

 

この時、1ヶ月で10キロ痩せてさらにモテる体を作る方法を知って、
それを実際に実践できたら、相手は異性からモテることができるわけですよね。

 

ならモテるとどうなるか。

 

気になるあの子に急接近できたり、うまくいけば彼女になれたり、
そうでなくても痩せることで恋愛に対して前向きになれたり。

 

つまり、1ヶ月で10キロ痩せてさらにモテる体を作る方法というメリットで、
さらに得られるメリットがベネフィットです。

 

メリットのメリットということで二次的メリットと呼ばれることもあります。

 

 

ではなぜ、ベネフィットを含めると良いのか。

 

それは、人はメリットではなくベネフィットを求めているからです

 

例えばモテるための1ヶ月で10キロ痩せる方法をメリットに感じる人は、
当然ですが痩せてモテたいと考えています。

 

ではなぜモテるために痩せたいと思ったのでしょうか?

 

好きな子の好みが痩せている人で、好みのタイプになりたかった。
好きな子から太っていることをバカにされた。

 

色々あるでしょうが、このようにメリットを求めるだけの理由があるのです。

 

つまり、モテるために痩せたいというメリットを望む裏には、
本当に望んでいる状態があり、それがベネフィットなのです

 

なので、もしうまく相手のベネフィットを最初に提示できると、
記事に対する興味性がメリットを提示するより上がります。

 

なので導入文で、ベネフィットを含めるとよいのです。

 

 

では、長くなったのでまとめますが、
導入文を書く時は、まずメリットをもう一度明確にします。

 

その記事にはどんな事が書いてあるのか、
それを読むことでどのようなメリットが得られるのか。

 

これをはっきりさせておきましょう。

 

そのうえで、できればベネフィットを伝え、
さらに興味性を高める努力をしてください。

 

内容

 

導入文が書けたら、次は内容です。

 

内容は先程決めたと思うので、
それを文章としてまとめていきます。

 

ではまず内容の構成についてお話ししましょう。
先程の画像をもう一度見てください。

 

ブログ記事構成
ブログ記事構成の画像

 

画像の本文が内容になるわけですが、
基本的には見出し①からはじまります。

 

ちなみに見出しとは、内容をいくつかに分けた時のタイトルのようなものです。

 

テーマ、例えば1ヶ月で10キロ痩せてさらにモテる体を作る方法にしても、
これを説明するために必要なことは色々あるわけですよね。

 

知っておくべき知識や情報、
ダイエットのための事前準備、
具体的な方法などなど。

 

このように、テーマをわかりやすく解説するために、
さらに内容を細かく分ける時に見出しを使います

 

で、その見出しをさらに細かく分ける時に、
小見出しを使います。

 

さらに、画像には書いてませんが、
小見出しをもっと細かく分けたければ、
もう1つ小さな見出しを使います。

 

つまり記事タイトルというその記事の大きなテーマがあって、
そのテーマを見出しという形で更に細かく分けてわかりやすくし、
必要に応じて小見出しも使っていくという感じです。

 

では、見出しの付け方ですが、
基本的にはブログ記事タイトルと同じになります。

 

内容と一致していることと興味性を意識して、なるべく短くまとめましょう。

 

ちなみにこの記事は長いため、見出しと小見出しを細かくつけてますので、
記事の目次などを見るとイメージしやすいと思います。

 

よければ、参考にしてみてください。

 

 

次に、見出しである程度構成を決めたら実際に文章を書いていくのですが、
その時に意識するポイントが先程お話しした読みやすさとわかりやすさです。

 

読みやすさについては行間や文字の大きさなどを意識して、
スラスラ流し読みできるぐらいを目指しましょう。

 

わかりやすさについてですが、これは想定しているターゲットが、
読んで理解できないところがないようにすることを意識してください

 

例えばダイエット方法を、
ダイエットについてほとんど知識がない人に向けて書く場合、
その人がわからない専門用語などをなるべく使わない。

 

使ったとしてもきちんと説明を入れるなどして、
相手に配慮した文章を書きましょう

 

また、もしターゲットを少し広めにする。

 

例えばダイエット初心者から中級者辺りに向けて書く場合は、
基本的には下に揃えます。

 

つまり、ダイエット初心者が読んでもわかるように、
文章を書くということです。

 

 

少し長くなったのでまとめると、
まずは見出しで構成を考えて本文を書きはじめる。

 

本文は、読みやすさとわかりやすさを意識して、
ターゲットを広く取る場合は下に合わせて、
理解できない人がいなくなるように書きましょう。

 

要点まとめ

 

本文ができたら、最後に要点をまとめます。

 

基本は記事の内容を短くまとめて、
その記事で最も重要なこと、言いたいことを伝える

 

他にも相手に伝えたいことなどがあれば、ここに書きましょう。

 

ようは記事のフリースペースみたいなものなので、
テーマに関係していれば何を書いても良いです。

 

書く順序について

 

ここまでブログ記事の文章を書くことについて、
4つのパーツとその作り方をお話ししてきました。

 

最後に、どのような順序で記事を書いていくのかについて、
お話ししておきます。

 

 

まず作るのは本文、内容です。

 

内容をきちんと完成させた後、要点まとめ、
ブログ記事の最後を作ります。

 

それらをふまえて導入分でメリットやベネフィットを明確に、
かつ短めにまとめましょう。

 

そして最後に、30字前後でタイトルを付けたら完成です。

 

編集して仕上げる

 

記事が書けたら最後に読み直して、編集して仕上げます。

 

読み直しの際に見るべきところは、
読みやすいか、わかりやすいかですね。

 

行間や誤字脱字、難しすぎる漢字などは使ってないか、
記事全体の流れは自然でわかりやすく内容を解説できているかなど。

 

1度流し読みした後に、じっくりもう1度読むことで、
改善点などを探し、あれば改善しましょう。

 

ただ、編集を自分でやるのは限界もあります。

 

例えばわかりにくい漢字にしても、
自分はわかっているから使っているはずなので、

自分でそうとは気づきにくいということがあるでしょう。

 

また、文章が読みやすいかなども、自分で書いたのですから、
自分にとって読みやすいのはあたりまえなのですよね。

 

なので編集するときは、可能であれば第3者に読んでもらうのが良いです

 

それが無理なら、ある程度時間を置いて読むというのも良いでしょう。

 

 

では長くなりましたが、以上が初めてのブログ記事の書き方、
意識したいことやポイント、具体的な方法です。

 

まずは文章を書くのになれることが大事

 

今回色々お話ししてきましたが、
おそらくはじめから全てを実践することはできないでしょう。

 

よく言うことなのですが文章を書くというのは、
特殊な訓練が必要な技術だからです。

 

なぜ特殊なのかと言えば、ほとんどの人は文章を書かないからです。

 

より正確に言うなら相手に読まれないこと、
理解されないことが前提の文章をです。

 

というのも、ほとんどの人が文章を書く環境というのは、
読むことや理解してもらう努力をしてくれること前提になります。

 

例えば小学生の時の読書感想文、
中高の論文みたいなテスト、
大学の卒業論文、
会社などで提出する資料。

 

これらは全て、相手が読んで、内容を理解する努力をしてくれて、
そのうえで問題点を指摘してくれたり、文章の不備を教えてくれたりします。

 

ですが、ブログは今回お話ししたように、
読む努力も理解する努力もする必要はありません。

 

興味がなければ読まなければいい、
読みにくければ読まなければいい、
わからなければわからないままでいい。

 

もし誤字脱字があったりわかりにくい場所があっても、
すごい親切な一部例外を除き、
指摘してくれることなんてありません。

 

これがあたりまえの世界なのです。

 

ですが、ほとんどの人にとってこのような世界は未経験なので、
まず読みやすくわかりやすい文章を書くこと。

 

これが自体が難しいのです。

 

 

そのため、あなたがもし日常的に文章を書いたりすることがなければ、
まずすべきことはとにかく文章を書くこと。

 

読みやすく、わかりやすい文章を書くことです。

 

これができてはじめて、ブログにアクセスを集める文章や、
相手に行動してもらうための文章を書くというステージに上がれます。

 

なので、ブログ開設初期頃はアクセスが集まらないなどの悩みがあり、
どうしても文章を書くことよりSEOなどのテクニックに走ってしまいやすいですが、
まずは焦らず文章を書くことになれていってください。

 

そうすれば、おのずと結果はついてくるはずです。

 

 

ちなみに、もし文章を書くのに自信があるなら、
SEO、検索エンジンに上位表示させ、
アクセスを集めるブログ記事の書き方を別記事で解説していますので、
合わせて読んでみてください。

 

検索エンジンで上位表示されやすい文章の書き方
↓↓↓

 

 

では、今回はここまでです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事